GABAN®

会社情報

生産・物流・品質管理体制

生産・物流・品質管理体制

ギャバンは、原料調達から生産、販売までの
すべてを自社で完結する
一貫体制の構築を進めています。
赤道直下の農場から世界のお客様へ、
香味豊かなスパイスを
お届けするために、徹底した品質管理と、
きめ細やかな物流体制に取り組んでいます。

原料調達から生産までの品質管理の徹底

スパイスづくりの最上流にあたる原料調達において、ギャバンは徹底して品質にこだわっています。世界の産地から原料を調達し、さらに生産段階で選別を行い、最上級の原料だけを使用しています。また、トレーサビリティによる品質管理を徹底するために、ギャバンの社員が世界の農場に出向き、自らの目と耳で原料の品質を確認する、ダイレクトな調達体制の確立を進めています。

グローバルな一貫体制の中核を担うマレーシア工場

ギャバンの生産体制の中核を担うのが、マレーシアにある生産子会社Gaban Spice Manufacturing (M) SDN. BHD.です。2001年、品質管理の国際規格ISO9001の認証を取得。さらに食品メーカー向けスパイス原料の供給拡大に向けて、その生産能力も増強しました。一貫体制による管理のもと、フレキシブルな多品種生産を実現しています。

日本国内にスパイス・ハーブの生産を担う2工場が稼働

ギャバンは国内に2工場を構え、そのうち2006年に建設された関東工場は、国内における主力な生産拠点となっています。東海工場との生産連携をすることで生産性の向上を実現し、徹底した品質管理により安心・安全な製品をご提供しています。また、関東工場メインエントランス前には太陽光発電システムを地上置きし、地球温暖化の原因となる二酸化炭素や有害な排気ガスを排出しないクリーンエネルギーを使用することで、環境負荷の軽減とコスト低減を推進してまいります。