インタビュー

白身魚のキャロットタジン クミン風味

材料

  • 季節の白身魚360g
  • にんじん300g
  • 玉ねぎ1/2個
  • にんにく1/2片
  • オレンジ1個
  • GABAN® レーズン30g
  • GABAN® クミンホール2g
  • GABAN® フェンネルホール1g
  • GABAN® コリアンダーホール0.5g
  • フロマージュブラン50g
  • にんじんパウダー適量
  • 少々
  • GABAN® ホワイトペッパーホール少々
  • オリーブオイル30ml~

レシピ

レシピレシピ

タジン料理

  • 1

    にんじんはひと口大に細く乱切り、玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。

  • 2

    フロマージュブランに塩を加え、味を調える。

  • 3

    鍋にオリーブオイル、にんにくを入れ熱し、香りが出てきたらクミン、フェンネル、つぶしたコリアンダーを加える。

    point

    日本人はスパイスに対する慣れが少ないため、食感がとゴリッとしないようにコリアンダーは粗めにつぶすと、スパイスが主張しすぎることなくまろやかになる。

    point

    オリーブオイルは乳化させてソースになるように、気持ち多めに入れる。

  • 4

    鍋にオリーブオイル、にんにくを入れ熱し、香りが出てきたらクミン、フェンネル、つぶしたコリアンダーを加える。

    point

    スパイスは最初にしっかりと加熱して香りを引き出しておく。

  • 5

    にんじんを加え軽く炒めたらレーズン、オレンジの皮を削り入れ、果汁も絞り入れる。

  • 6

    ヒタヒタまで水を加え、クッキングシートで落し蓋をして10分ほど蒸し煮にする。

    point

    蒸し煮にすることで、スパイスやオレンジの香りを逃がさずにんじんに移す。

  • 7

    にんじんに火が通ったら塩・ホワイトペッパーで味を調える。

魚料理

  • 8

    白身魚をオリーブオイル少々でポワレして皮をはぎ、にんじんパウダーを振りかける。

    point

    フランスでは魚の皮をはがして提供することも多いため、自家製のにんじんパウダーで化粧を施した。黄にんじんを薄くスライスし乾燥させた後、ブレンダーで粉状に挽いて作っている。ほのかなにんじんの香りと甘みが感じられる。

仕上げ

  • 9

    7を人数分鍋に移し、オレンジの皮と果汁を加えて加熱し、とろみがつき始めたら全体に絡めて仕上げる。

    point

    仕上げの際に必ずオレンジの皮と果汁を加えてフレッシュな香りを立たせる。

盛り付け

  • 10

    2のフロマージュブランを皿に塗りつけ、キャロットタジンと白身魚を盛り、煮汁をソースとして添える。

今回使用したスパイス

※それぞれパウダータイプもございます。

インタビューページに戻る

シェフ

ページTOPへ